MENU

逆ショタ奇譚 長年真行寺家に仕えてきた巨乳家政婦あゆみは主人である老夫婦の必死の懇願でその孫に性教育という名の肉体関係を結ばされた。その結果、こ●もチ●ポにハマり快楽に逆らえない肉体になってしまった話。 篠田あゆみ

作品詳細

タイトル
逆ショタ奇譚 長年真行寺家に仕えてきた巨乳家政婦あゆみは主人である老夫婦の必死の懇願でその孫に性教育という名の肉体関係を結ばされた。その結果、こ●もチ●ポにハマり快楽に逆らえない肉体になってしまった話。 篠田あゆみ
再生時間
126分
ジャンル
巨乳, 3P・4P, 職業色々, ショタ, 単体作品, ドラマ, ハイビジョン
女優
篠田あゆみ

10年間真行寺家に仕えるあゆみは、悪さばかりするという孫の多摩夫の教育を頼まれる。しかし、多摩夫の悪童っぷりは予想以上だった。女性の身体に興味を持つ多摩夫の願いであゆみは老夫婦から「一度でいいので孫と寝てほしい」と懇願されてしまう。あゆみは困惑しながらも老夫婦の恩に応えようとするのだが…

作品レビュー


  • 官能小説のパロディと思えば楽しめるかな。

    官能小説であれば、篠田あゆみさんを●す子どもたちを10代の中高生に設定して、もう少しリアルなセクロスの場面を描くのだろう。本作では主演の篠田あゆみさんは一生懸命シリアスに演技をしている。それがエロい。中盤、この家の糞餓鬼に最初に犯●れるシーンはとても良い。その後はわりとありきたりな展開である。


  • 性奴●

    お金持ちの家に仕える家政婦さんを、その家の子供が気の向くままに●すというような内容性欲が目覚めたばかりの衝動を生身の女性にぶつけるというのは、かなりエロい。実際に性欲が盛んな時期に女の身体を好き放題出来たとしたら、延々と●す続けられる気がする首輪をつけて、2人の友達にも中出しをさせるなど結構鬼畜、ただ複数人で●すなら一晩中輪されて朝方には全身精子まみれの女優さんを写すとかいう描写があれば良かったかなぁと思ったりIカップもある巨乳ちゃんを好き放題出来て羨ましい作品


  • まぁまぁかな

    家政婦ゆえに従順な設定でセリフもコンセプトを出しています。最初のカラミでは押し流されて逝く姿はエロスを感じるし台所のオナニーやフ○ラは貫禄がありすぎです。w後半は従順な性処理家政婦になっておりもう少し拒みの演技があればよかった。


  • 中出しは手抜きの極み

    10年間、働いているという割にはガキとの関係性が希薄で、すぐいいなりになっちゃう弱弱しさにも魅力を感じない。男も女も通り一遍のAV的作業を汗もかかずにこなしているだけで、本気度はまったく感じられず物足りない。極めつけは中出しで、近年まれに見る手抜き作業。射精の瞬間、カメラが女優の顔をアップにし、下半身に降りてくると既にチ○コが抜かれていて汁が垂れてるマ○コ映して終わり。中出しはマ○コから汁が垂れてるとこ見せりゃいいんだからこれで十分と言わんばかりの手抜きの極み。こんなのでいい評価がつくんだから、AV屋はそりゃ舐めてかかるよな。バランスを取る意味でもここはバッサリ切らせてもらう。


  • 理想的です

    家政婦=忠実=面倒見が良い=断れない性格=ドM=エロいと言う設定を、篠田あゆみが見事に演じてくれています。困りながらも受け入れてしまう表情も良いHシーンで我慢しながらも、抵抗出来ずに感じてしまうようすも溜まりません。しかも最後は、友達も交えて、こ●もチ●ポにハマり快楽に逆らえない肉体になって行く様子も良かった。Hシーンは、篠田あゆみだけに素敵な巨乳も素晴らしく、良かった。


  • 実におもしろい!新設定がすばらしい。必見。

    老舗が作る新魔少年ショタ作品。これまでとは違う新しい切り口はさすがです。良い点と述べます。1)家政婦という弱い立場と仕事としての業務の一環という立場で、しかたなく相手をするSEXへの流れが実に良い。この業務としてのSEXという性教育設定が背徳感を向上させている。これが新しい。2)丁寧系淫語が良い。「セックス」というセリフが要の部分で的確なポイントで出てくる。また妊娠懇願系のセリフもある。3)最高女優の適用が良い。新シリーズは最強美巨乳である篠田あゆみさんを選択し、見た目とセリフと演技力で考えられる最高の素材を用意している。新シリーズの意気込みが感じられる。4)最終的には全裸になるのが良い。エロ下着も良いが最後は全裸になるのがいい。2種楽しめる。要望はほとんど無い完璧作品だが、わがままな要望があるとすれば、・人妻設定を活かした旦那への背徳感をあおる演出とセリフが欲しい。・「セックス」と「妊娠懇願」系セリフはもっとあっても良かった。ぜひ新シリーズ化を期待しています。

  • 作品画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次